カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

どんな分野にも、必ず卓越したスキルを持つ人物が存在しています。ギャンブル業界にも人間技とは思えない才能を持った人物がいるのをご存じでしょうか。カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

日本で最も人気のあるギャンブラー

  • 柏木昭男(日本)

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

1990年、オーストラリア・ダーウィンのカジノで約30億円を獲得し、ギャンブラーとして世界的に名を馳せるようになりました。

アメリカ元大統領ドナルド・トランプと2度にわたってデスマッチを行ったことでも知られています。トランプは、オーストラリアのイベントを通して知った柏木に、自身が経営するニュージャージー州のトランプ・カジノ・プラザへの招待状を出し、柏木は25万ドル(当時約3700万円)をコンスタントに賭け、2日間で600万ドル(当時約9億円)をバカラで獲得し、自分のカジノをオープンするまでになりました。文字通りトランプは圧倒したわけです。

数ヵ月後、トランプが柏木をカジノ・プラザに再び呼び戻したところ、柏木はそれを受け入れます。トランプ側は、数学者や専門家を集め、どうすれば勝てるかを徹底的に調査していました。ある意味、トランプは従業員ではなく、ディーラーとして試合に参加したので、本当の意味でのリベンジだったのです。柏木は、途中まで約9,000,000ドルのリードをしていましたが、トランプと柏木の間で合意のようなものがあったとされ、結局、柏木は1000万ドルの損をしています。

亡くなった時、カジノに13億円以上の借金があったと言われており、殺されたのではという噂もあったようです。

賞金稼ぎで人気のギャンブラー

ギャンブラーが世界的に有名な賞金稼ぎになるまでに何回トライしたのでしょうか

ここでは、有名なギャンブラーを3人紹介します。

  • ケリー・パッカー (オーストラリア)

ケリー・パッカーにおいて最も有名なギャンブル成績は、ラスベガスのMGMグランドで1時間30分ブラックジャックに興じ、3000万円を稼いだことでしょう。

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

数学的な必勝法として最も有名なのは,「ブラックジャックのベーシックストラテジー」と言われていますが,彼のプレイスタイルはそれを完全に無視したものだと言われています。一部のプレイヤーからは「実績のない戦略だ」と言われ、その理論が疑問視される場面もありました。

2015年12月、心臓と肝臓の不調により他界した際の総資産は7000万円以上でした。

  • アドナン・カショギ(サウジアラビア)

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

ドディ・アル・ファイドが有名になったのは、バカラでの実績があったからです。例えば、ヒルトンインターナショナルホテルの売上が勝ちすぎで10%ほど下がったと言われるほど。

  • フィル・アイヴィー (アメリカ)

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

フィル・アイヴィーが挙げた最も有名なギャンブルの実績は、23歳という若さで億万長者の地位を獲得したことでしょう。

23歳にして数々のトーナメントで優勝し、111億円を稼ぎ出したことから、「ポーカー界のタイガー・ウッズ」という異名で呼ばれるようになりました。

大金を溶かした人気ギャンブラー

  • テレンス・ワタナベ(日系アメリカ人)

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

テレンス・ワタナベは、スリリングな負けっぷりと、ギャンブルでの成功体験で業界ではよく知られる存在です。

1日で4億円以上、5年間で総額220億円を失ったと言われており、ギャンブラーがこれほど大金を失うことはめったにありませんが、もしそうなったら引退してもおかしくないくらいですよね。

  • フアード・アル・ザイヤット(シリア)

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

「ファットマン」ことフアード・アル・ザイヤットは、ロンドンの高級カジノで600回以上過ごし、約10年間で48億円を失っています。不渡り小切手による総額数億円のカジノ負債を追って、最終的には50億円以上を失ったと言われています。

  • カメル・ナシフ

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

カジノ好きのカメル・ナシフは、毎年何度もラスベガスに足を運び、ハイローラーで20万ドル(約2,000万円)を賭けたこともあります。

一方、カジノで遊ぶことが大事であると考え、勝ち負けよりも楽しむことに重きを置いていました。

人気のスマートギャンブラー

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

エドワード・オークリー・ソープは、上記の有名ギャンブラーのように大金を動かしたわけではありませんが、確率論を応用し、成功の可能性が最大となる「賭け方」を実証した人物です。

彼は、練習によっておよそ100万円を本番に投入し、結果的に2倍の利益を得た非常に賢いギャンブラーとして知られています。

エドワードが実演した「カードカウンティング」という戦術は、彼の著書で公開され、その後、世界中のギャンブラーに取り入れられるようになりました。しかし、その戦略により多くのカジノで大きな損失が出るようになり、現在ではカードカウンティングはほぼ全面的に禁止されています。

  • ドン・ジョンソン

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

ドン・ジョンソンは、VIPクラスの自信満々のハイローラーです。日本人としては、決められたルールの範囲内で、どうすれば勝てるかを考え、それを利用するものですが、ドン・ジョンソンは、自分が勝てるルールを選び、カジノ側と交渉してルールを変えてもらうような人物でした。

ブラックジャック専門のハイローラーであるドン・ジョンソンが交渉してきたため、カジノ側は最高勝率を設定。カジノのスタッフ全員が呼び出され、不正に目を光らせましたが、ドン・ジョンソンは正当にプレイし、12時間足らずで600万ドル(約600万円)を稼ぎました。ただし、そのような行為からドン・ジョンソンは多くのカジノで嫌われていました。

  • ビリー・ウォルターズ

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

ビリー・ウォルターズは、30歳になるまでに、380万ドルの賞金を獲得し、数年後ラスベガスで40万ドルを獲得しています

彼は、コンピュータで分析した賭け方を使って毎年38連勝し、大金を稼ぐとあるチームに参加。ビリー・ウォルターズはこの頃ギャンブルをやめ、ビジネスを始めたのですが、おそらくギャンブルのアドバイスの依頼が数多くあったことが原因でしょう。