【韓国の不買運動】さらば、韓国カジノ!?

韓国の不買運動

最近、何かとニュースで良く見る

韓国の不買運動・・・。

韓国で日本の製品を捨てたり、購入又は使用するのを拒否したいり、日本行きのチケットを破ったりするところをよく見かけますが、あなたはちゃんと理解をしていますか?

その発端と日本国民に与える影響とは一体何なのでしょうか?

ホワイト国って何!?

ニュースで良くみるけど、難しくてよく分からない、興味を持っているが、政治・経済が苦手な人のために簡単にまとめました。

この記事を読むだけで、あなたも最近の話題についていく事が出来ます!

韓国不買運動の始まり

韓国の不買運動は、長年積み重なる日韓問題を背景に、日本が韓国をホワイト国リストから除外したところを引き金に、韓国国民による日本製品不買運動が大々的に開始されました。

ホワイト国リストから除外される事で、日本からの素材輸入に大きく影響するため、半導体大手のサムソンなど韓国の企業が大ダメージを受け、一時、生産ラインストップの懸念も浮上しています。

反日教育の行き届いた韓国では、日本のホワイト国外除外に対する反発から大々的な日本製品の不買運動が始まりました。

オンラインカジノ ボーナス


日韓が問題とは?

先ほども説明しましたが、韓国不買運動が始まった経緯として、長年に積み重なる日韓問題が原因と考えれています。
現在、日韓が抱えている問題を簡単にまとめましたので、参考にして下さい。

① 慰安婦問題

「慰安婦」とは、戦時中に日本軍の元でつくられた慰安所で、招へいの所為の相手を強いられた女性の事を指します。
日本軍の侵攻に伴い中国、、フィリピン、ミャンマー、マレーシアなど各自で慰安所が作られ、現地女性、朝鮮半島(韓国)や台湾出身者が慰安婦にされました。日本女性が、慰安婦として中国へ渡る場合は「婦人及び児童の売買禁止条約」のため、「売春婦である21歳以上のの者」を対象としていましたが、日本政府は植民地を適用外としたため、植民地や占領地では売春婦でない未成年女子も対象となりました。挑戦からは17歳、台湾から14歳の少女が慰安婦とされたとの記録が残っています。

1990年に尹貞玉(ユンジョンオク)が新聞に連載した「慰安婦問題」の記事をきっかけに、植民地時代の朝鮮半島で日本の軍人・軍属とされた韓国人らから日本に謝罪と補償を求める声が高まりました。
にほんでは、とりわけ朝鮮半島出身の慰安婦が「強制連行」されたか否かが最大の論点となり、「強制連行」の定義をめぐり、激しい論争が繰り広げられています。

② 募集工(徴用工)問題

徴用工問題

「徴用訴訟問題」とは、第2次世界大戦中、日本の当時かにあった挑戦及び中国での日本企業の募集や徴用により労働した元労働者及びその遺族による訴訟問題です。元労働者は奴隷の様に扱われたとし、現地の複数の日本企業を相手に多くの人が訴訟を起こしています。韓国で同様の訴訟が進行中の日本企業は、70社をも超えるといわれています。

この訴訟について韓国政府は1965年の日韓請求権協定で「解決済み」としたが、日韓請求権協定で個人の請求権は消滅していないとしたため、日本政府はこれに対して強く反発しました。

③ 竹島(独島)問題

竹島問題

竹島は1905年に島根県に編入された離島で、2つの孤島といくつかの岩礁からなる島です。島は水に乏しく、経済的なかちなどなかったが、周囲の排他的経済水域の漁業権などがからんで、日韓の間で竹島の領有権をめぐって紛争が続いています。

「鬱陵島 」に近く、韓国は52年に軍事境界線を宣言し、竹島を「独島(トクト)」であるとして自国への帰属を主張しました。1953年には、近辺での日本漁船の拿捕に続き、竹島を占拠して海上保安庁の船を銃撃する事件なども発生しています。以降、韓国による要塞化が進められ、現在も武装警官数十名を駐屯させるなどして不法占拠しています。

④ レーダー照射問題

レーダー照射問題

「韓国海軍レーダー照射問題」は、2018年12月20日に、能登半島沖の日本海において韓国海軍の船「広開土大王」が海上自衛隊の航空機に対して、レーダーを勝者したと日本政府が抗議したことに端を発した、日本政府と韓国政府との間における一連の問題です。

日本が「レーダー照射があった」と主張する一方で、韓国政府は「航空機を追跡する目的ではない、全てのレーダーを総動員していたところ、航空機にその信号を探知された」などと主張していただは、その後「レーダー照射はしていない」と主張を変更し、レーダー照射の存在自体の主張が真っ向から対立しています。

⑤ ホワイト国除外問題

ホワイト国問題

そもそも「ホワイト国」とは、何でしょうか?

ホワイト国とは、日本と同様に輸出のコントロールを行い、世界の平和を脅かす商品や技術(主に武器開発に使用されるもの)の管理を徹底している国です。ホワイト国に指定されている国は、輸出管理を徹底しているため、必要最小限の規制にとどめる優遇をしています。いわば、「ホワイト国」として認められている国に対しての輸出が優先されます。

輸出する貨物のうち、武器開発に転用できるものを規制するのが「輸出貿易管理令」と呼ばれており、この法律は、具体的な品目をリスト化して規制する「リスト規制」と、リスト以外のものをまとめて規制する「キャッチオール規制」の2つで成り立ちます。

今回、日本が韓国をホワイトリスト国から除外したため、「キャッチオール規制」の対象国の扱いを受ける事になります。そのため、輸出事に許可のための審査を受ける必要があり、これによって韓国の企業が大ダメージを受ける事になります。

オンラインカジノ ボーナス


韓国不買運動の影響とは?

【経済】

韓国での不買運動

韓国国内で日本製品の不買運動が開始され、日本のビール、衣類や電化製品、ガソリンなど、韓国国内では日本製品の不買運動が盛んになっている。
韓国国内では、日本製品が溢れているため、生活に支障が出るケースも。。。
また、日本行きの航空券の多くがキャンセルとなり、韓国企業である大韓航空の経営にも大きな影響が及び、政府資金による援助が決定されている。韓国人の訪日数は、
関空で前年比60%減少、成田では35%の減少となった。(8月9日~8月18日)
更に、韓国の人気ユーチューバー大陸男(テリュクナム)や有名お笑い芸人、キム・ジェウクは、不買運動の一環で日本行きの航空券(約13万円相当)を飛行機に乗らず、ビリビリに破り捨てたことでも話題になっている。
逆に、人気俳優のイ・シオンが自身のインスタグラムに日本旅行中の写真を掲載すると、「時期的に不適切だ」などと避難を浴び、投稿が削除されたという。

日本の製品が欲しいために、日本の製品を買わないという矛盾した韓国国民の行動は、日本人では到底理解できない矛盾した行動と言えます。

【ユニクロ】

ユニクロ

ユニクロをはじめ、ABCマート、無印良品、DHCなどのアパレル関係の日系メーカーの売上も軒並み下がっている。
ユニクロの1店舗が閉鎖になった主な原因は不買運動ではないとのことだが、すくなからず不買運動の影響も受けているのは間違いなさそうだ。

【日本への影響】

韓国事件

先日、韓国国内で日本人女性が韓国人男性に暴行を受けた事件が話題になっている。
今まで外務省から韓国への渡航に際して注意が発令されたことはなく、ある特定の地域においては注意しましょうという表記から、韓国への渡航自体に対して注意するよう変更されました。

オンラインカジノ ボーナス


韓国カジノに行かずともギャンブルは出来る!

韓国には、韓国へ訪れる外国人向けにカジノがあります。

韓国にあるカジノは、自国民である韓国の人たちは行くことができないということで有名ですが、多くの日本人も、韓国旅行の際に立ち寄り遊んだ経験がある方も多いと思います。

しかし、そんな韓国のカジノは現在閑古鳥となっているようです。

いくら隣国とはいえ、飛行機に乗って国境を超えて行くカジノも悪くはないのですが、日本人からしたら、反日不買運動が起きている時に韓国までいってカジノを遊ぶ事は得策ではありません。人によっては、「危ない」と感じる人もいるでしょう。

実際に日本人女性の観光客が、韓国で人に道を尋ねたところ、髪の毛を引っ張られたとのニュースがありました。韓国では、現在、日本人に対しての憎しみが膨れ上がっています。

・・・でも、ご安心ください!!
カジノしに、わざわざ韓国まで行く必要なんてありません。

あなたが持っているスマートフォンやパソコンから、いつでも簡単にインターネットさえあればオンラインカジノにアクセスする事が出来ます。

こんなご時世、あなたの解決策となるのが

アジア最高のオンラインカジノEMPIRE777カジノです!

EMPIRE777 Casino Paris

コンピューターではなく、人間同士だからこその白熱するテーブルゲームが、

バッグやポケットに入っているスマートフォンからいつでもプレイ出来ます。

危険な海外に遊びに行く時間と渡航費用が節約出来て、もちろん勝てば現金にすることも出来ます!

ちょっとした空き時間、お小遣い稼ぎ、本気の勝負。

EMPIRE777カジノで自分にあったプレイスタイルを見つけてみてください。

オンラインカジノ ボーナス


♠ ライブカジノ♥ 
♦ テーブルゲーム ♥
♠ スロット♥ 
EMPIRE777 ならどれが好きでも楽しんでいただけると思います!!!

オンラインカジノの不安、すべて解消します。EMPIRE777


それでは登録を心よりお待ちしております
勝利金を獲得されることを願っております。

公式 Twitter
公式 [email protected]
公式 Tumblr
公式 Pinterest
公式 Instagram
公式 YouTube

など、SNS も随時更新しておりますので、宜しければご覧くださいませ。
ホームページ下部より、アクセスして頂けますので、宜しくお願い致します。

その他、ご質問・お問合せ等御座いましたら
ご気軽に リンク よりお問い合わせください。


EMPIRE777 日本チーム 一同