新しい投資のカタチ「オンラインカジノ」


お金を稼ぎたい!

誰もが日々、心の中で叫んでいるかと思います。毎日コツコツと一所懸命働いて100万円を貯金しても、30年後にはその100万円は100万円でしかありません。物価は年々高くなっているのに、そんなので良いのでしょうか?

昭和56年の喫茶店のコーヒー代は250円と安かったですが、今では400円です。

この様に物価が高くなっていく事で損するのは一生懸命コツコツ貯金をする人です・・・。政府も国会も当てにできません。自分の力でこの問題を打開する必要があります!

そこで今回、私が提案する打開策とは・・・ズバリ!

「投資」

です!!!!!!!

投資とは?

この記事を読まれている方は、投資というと何を思い浮かべるでしょうか?一般的には、投資というと株や為替(FX)などが思いつくかもしれません。

投資の定義は、

「利益を得る目的で事業などに資金を出すこと。比喩的に、将来の利益のために多額の金銭を投入すること」

そのため、別に事業などへの資金投入でなくても、将来の利益のために資金を投入していれば投資と考える事が出来ます。

えっ・・・じゃ、「オンラインカジノ」も投資のカテゴリに入るの?

今回は様々な投資方法とオンラインカジノを還元率を基準として投資を考えたときにどのサービスが良いのか見ていきたいと思います。

オンラインカジノ ボーナス


還元率の考え方

まず・・・「還元率」とは何でしょうか?

還元率とは、元の状態と比べてどのくらいが還ってくるのかの割合という意味になります。投資やギャンブルにおける還元率とは投資した資金に対して平均でどれだけ戻ってくるかの割合を言います。

投資した資金と同額が戻ってくれば還元率は「100%」になり、投資した資金より目減りしてしまうと100%以下となり、投資した資金より増えれば100%以上になります。

例)「100万円」投資して「1万円」が返還された場合の還元率は「1%」です。

オンラインカジノ ボーナス


各投資方法の還元率を比較してみた

では、実際に「オンラインカジノ」と様々な投資方法の還元率を比較してみます。

投資先 還元率 メリット デメリット
パチンコ、スロット 85%

競馬、競輪、

ボートレース

75%
サッカーくじ 50%
日本の宝くじ 45%

海外の宝くじ

(ドバイ)

72%
株式 107% ・株式の売却利益を期待できる。

・配当金・株主待遇がもらえる。

・企業の経営(意思決定)に参加できる。

・初期投資額が比較的高い。

・思った通りの売買が成立しない事がある。

・投資初心者には比較的ハードルが高い。

・価格変動のリスクがある。

FX 99% ・金利差で利益を得る事ができる。

・少ない資金で資産運用できる。

・ペイオフ対象ではない。

・24時間いつでも取引が可能。

・寝ている間も動く相場。

・高いレバレッジによる大きな損失が生じる可能性がある。

・金利変動リスク

オンラインカジノ 97% ・24時間いつでも遊べる。

・入出金に幅広く対応。

・サポートがしっかりしている。

・圧倒的にランドカジノより勝ちやすい。

・お得なイベントやプロモーションが準備されている。

すぐに還元が出来る。

・オンラインカジノの認知度が低い。

・出金に多少の時間がかかる。

・危険なオンラインカジノも存在する。

バイナリーオプション 95% ・24時間いつでも取引ができる。

・2卓で選ぶシンプルな投資。

・最短で30秒の取引が終了。

・値動きにかかわらず利益が出せる。

・ルールがシンプルなため、ギャンブルになりやすい。

・取引方法の自由度が低い。

・引き分けはないところが多い。

・購入金額の全額を失う可能性がある。

銀行定期預金

(10年)

100.1% ・元本割れのリスクが無い。

・解約が面倒。

・資金が拘束される。

・利率が低い。

・解約が面倒。

・資産運用としては物足りない。

医療保険

(R生命の一例)

21%~60%

上記の比較表を見ると、最も還元率が悪いのは医療保険となりますが、大けがや重病を負ってしまったときの万が一の場合に備えとして、日本ではとても多くの人が医療保険に加入しており、生命保険センターが行った全国実態調査(平成27年度)によると、医療保険や医療特約への加入率は「72.1%」になったようです。この数字は簡易保険・JA・共済などを抜いているので、実態は更に多いと考えられています。

また、上記実態調査では、平均の保険掛け金は32,000円で年額でおよそ384,000円になります。

還元率から考えた場合、上記の表中ではズバ抜けて低い還元率の医療保険に年間約400,000円も投資しているということになります。仮に医療保険の還元率が「21%」の場合、戻ってくるのは80,640円、つまり毎年300,000円以上、月にすると25,000円以上の損失を出している事になります。

家庭財政としては大赤字ですね・・・。投資先として最低です!(笑

パチンコやスロットなら還元率(85%)はさらに高くなり、年間384,000円を投資した場合、326,400円も戻ってくる事になる計算です。

・・・・あれれれれれれ!!!???

今まで、ギャンブルを否定して、一方で万が一の為に医療保険を一生懸命払っていた人にしてみたら、とんでもない事実になってしまったかもしれません。

しかし、これはから導き出された紛れもない事実です。

医療保険なんて、一般的になりすぎて普通に毎月の固定支出として考えている家庭なんてすごく多いと思いますので、一度考え直してみるべきかもしれません。

オンラインカジノ ボーナス


安定だと考えがちな銀行定期預金

タンス預金」という言葉を聞いた事がありますか?

タンス預金とは家庭内に保管されている現金の事を指します。近年では、バブル時代を経験した方ほど、銀行に預金をしない、信用しない方が増えているかもしれません。

1991年7月に東宝相互銀行が破綻しました。これは、日本で初めての銀行破綻であり、その後、相次いで金融機関の破綻が続き、大手銀行の3銀行を含む180もの金融機関が破綻しました。

これがあの有名な「平成金融危機」と呼ばれています。

バブルの崩壊を受けて、日本は未曽有の金融危機に突入し、この時、「銀行は倒産しない!!」と信じていた多くの人は銀行に定期預金などで預けていたのですが、突然の銀行破綻により、預金金額が全額戻らないケースも発生してしまい、銀行にお金を預けるリスクが認識されるようになりました。

銀行に定期として預けていた預金も、次第に銀行の金利が下がり、銀行へ預けるメリットがなくなってくると、リスクもあって利息もほとんどないのなら、リスクのないタンスへと預金がされていったようです。

しかし、ここ数年はリスクのないはずのタンス預金もオレオレ詐欺に狙われており、リスクが発生しだしているのです。

銀行預金もタンス預金もリスクを抱えた、増やす事との出来ない投資と言えます。しかし、植える事のない投資は投資の定義から外れており、もはや貯蓄と呼ぶべきでしょう。

むしろ、銀行はこういった資金を投資に運用して銀行の利益につなげているわけですから、言い方を変えれば銀行へほぼ利息が無い好条件で出資、又は貸付をしてあげている状態とも取れます。莫大な資金をただ貯蓄するぐらいであれば、資金の一部を別の投資先に出資し、お金を動かすべきだと思います。

オンラインカジノ ボーナス


ギャンブルではなく「投資」として
オンラインカジノを見てみる

さて、「オンラインカジノ」のギャンブルではなく「投資」として還元率を見てみましょう!

上記の還元率比較表を見る限り、宝くじや競馬、競輪など他と比べて、パチンコやスロットへの投資の還元率が85%とかなり高いという事が見て取れます。

しかし、オンラインカジノはさらにその上を行き、オンラインカジノへ投資した場合の還元率はなんと「97%」とズバ抜けて高い還元率となります。

これは、オンラインカジノへ「100,000円」を投資した場合、「97,000円」が戻ってくるという事になります。パチンコやスロットの還元率は「85%」なので、「100,000円」を投資した場合、「85,000円」の戻りとなるため、オンラインカジノでの同額投資と比較した場合「12,000円」の差が出ます。

というように、還元率の面から見てみると「オンラインカジノ」は「投資」として考える事が出来ます。また、「投資」の定義である・・・

「利益を得る目的で事業などに資金を出すこと。比喩的に、将来の利益のために多額の金銭を投入すること」

にも当てはまるので、定義として成り立っていると考える事が出来ます。

オンラインカジノでのギャンブル依存

でもやはり、「オンラインカジノ」と聞くと「ギャンブル依存」を懸念するかと思います。まず・・・「ギャンブル依存」とは何でしょうか?

ギャンブル依存とは「ギャンブルをしたい」という欲求に対して自己コントロールが効かなくなる病気です。ギャンブル依存症になる原因として、一度ギャンブルで勝つと脳は開館を覚える事から、ギャンブルから離れられなくなります。

「ギャンブルで勝つ」とは、高額な賞金を受け取る・高額な利益を受け取るという事です。競馬・競輪・スロット・カジノでもいえる事ですが、少ないベット額で莫大な利益を得る事が出来ます。しかし、これはスロット、パチンコ、カジノに限らず、「投資」と言われているFX、株価でも言える事です。実際にFXや株価で儲かる人もいれば損をする人もいます。リスクの面で比べてもFXや株価にもリスクがあります。

株の売買とFXで成功する人は秘訣は「情報収集」です。市場調査や情報収集を行う事で損失するリスクを減らします。オンラインカジノも同様、どうすればリスクを減らし、効率的に勝てるか・利益を得られるか情報を集める事が大事です。

オンラインカジノ」を「ギャンブル・ゲーム」ではなく「投資」とみる事で皆さんが懸念している「ギャンブル依存」を回避できる思います。

オンラインカジノ ボーナス


株式・外為(FX)取引 VS オンラインカジノ

上記の還元率表を見ると、株式取引や外為(FX)取引への投資還元率は非常に優秀であるといえます。

しかし、還元率だけを見てみるととても優秀な投資先ではありますが、その反面、金融や経済、国際情勢や場合によっては政治に関する出来事やニュースも株式・為替に影響が出るため、多岐にわたって情報収集が必要になってきたりします。

どんな出来事が、どのように影響を及ぼすのか等のはんだんが必要になる場面もあり、リスクを回避するためには情報収集は必須と言えます。

さらに初期投資の資金もある程度必要になります。

そのため、還元率は優秀に見える株式や外国為替取引ですが、初心者が気軽に始めるには不向きといえます

オンラインカジノは株式や外国為替(FX)と比べると還元率は少しだけ下がりますが、それでも他と比べると極めて高い還元率です。また、特に知識や情報収集も必要なく、インターネットにつながっているPCやスマートフォンがあれば24時間365日いつでも始められ、初心者に対しての敷居は無いに等しいといえます。

もちろん、FXや株式と同様、情報収集を行う事で儲ける確率も上げる事が出来ます。オンラインカジノでの情報収集は金融や経済、国際情勢や場合によっては政治に関する出来事やニュースといったお堅い情報ではなく、ブラックジャックで言う「ベーシックストラテジー」、バカラの「マーチンゲール法」、ルーレットの「シフトベット」の事を言います。

残念なのは、競馬、競艇、パチンコやスロット等よく聞くギャンブルを日本で知らない人はほとんどいないと思いますが、オンラインカジノは海外で運営されているという事もあり、一部の日本人以外には以外と知られておらず、オンラインカジノに投資をして遊んだ経験を持つ人は競馬、競艇、パチンコやスロット等に比べるとまだまだ少ないです。

そのため、オンラインカジノに対して、嫌悪感や恐怖心を頂かれるケースがとても多く、オンラインカジノはなかなか認知されています。

※その場合はオンラインカジノをよく知るために「オンラインカジノの不安、すべて解消します。EMPIRE777」を読んでください。

オンラインカジノ ボーナス


まとめ

いくつかの投資先を還元率やメリット、デメリットから考察してみましたが、総合的に考えてもオンラインカジノは投資先として非常に優秀であるというのはデータが物語っています。

今後、投資先を検討する時にはオンラインカジノという選択肢を加えてみるのも悪くないのでしょうか?

さすがに、いきなりリアルマネーから初めて見るのが怖いと思っている人もいるでしょう?そういう人の為に、まずはEMPIRE777カジノ無料ボーナス20 USDから始めてませんか?

動画:【入金不要ボーナス$20獲得方法】| EMPIRE777


♠ ライブカジノ♥ 
♦ ♠テーブルゲーム♣ ♥
♠ スロット♥ 
EMPIRE777 ならどれが好きでも楽しんでいただけると思います!!!

オンラインカジノの不安、すべて解消します。EMPIRE777


それでは登録を心よりお待ちしております
勝利金を獲得されることを願っております。

公式 Facebookページ
公式 Twitter
公式 LINE@
公式 Google+
公式 Instagram
公式 YouTube
など、SNS も随時更新しておりますので、宜しければご覧くださいませ。
ホームページ下部より、アクセスして頂けますので、宜しくお願い致します。

その他、ご質問・お問合せ等御座いましたら
ご気軽に リンク よりお問い合わせください。


EMPIRE777 日本チーム 一同


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.