オンラインカジノ利用者が急増!コロナ禍で成長したオンラインカジノ業界

2022年9月13日 jpadmin 0

オンラインカジノはその名の通り、ギャンブルの一種です。インターネットに接続できる環境であれば、パソコンやスマートフォンでどこでも店舗型カジノのようにゲームを楽しむことができます。日本で規制が撤廃されて以来、世界中で人気を博し、現地では大きな話題となっています。特にオンラインカジノの利用者は、コロナ禍が始まって以来、全世界で4000万人を超えると言われているくらいです。調査結果によると、日本では現在200万人の利用者がいるとのことで、2018年12月にあるオンラインカジノにアクセスした人は約65万人でしたが、2020年末にはその数が1カ月で5000万人近くにまで増えたといいます。 日本はいわゆる「ギャンブル大国」であり、世界第2位のギャンブル市場を持つと言われていますが、その中で競馬は約2兆4千億円を占めています。この市場規模は、カジノで有名な中国・マカオの年間売上高2.6兆円に匹敵する数字です。そして、最大のパチンコは19.4兆円で、これは日本では毎年1人当たり18万円の売り上げに相当し、オンラインカジノの利用者が増えているのも納得できます。 2016年には「カジノ法案」とも呼ばれる「統合型リゾート(IR)整備推進法案」が策定されました。長らく禁止していたカジノを廃止するということで、この発表は多くのメディアで注目されました。IR事業が始まり、リゾート施設が稼働すれば、カジノの壁は現状よりも低くなることは間違いないでしょう。 日本のギャンブルに該当するオンラインカジノが遊べる理由 オンラインカジノを合法的に運営するためには、運営会社が拠点とする国や地域の政府からライセンスを取得する必要があります。オンラインカジノでライセンスを取得することは、安全・安心の証明になるのです。つまり、ライセンスを取得せずに運営しているサイトは、国際的な適法性を欠いた運営をしている危ないサイトです。 …..

カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち

2022年9月13日 jpadmin 0

どんな分野にも、必ず卓越したスキルを持つ人物が存在しています。ギャンブル業界にも人間技とは思えない才能を持った人物がいるのをご存じでしょうか。カジノ業界を席巻し、歴史を刻んだ人気ギャンブラーたち 日本で最も人気のあるギャンブラー 柏木昭男(日本) 1990年、オーストラリア・ダーウィンのカジノで約30億円を獲得し、ギャンブラーとして世界的に名を馳せるようになりました。 アメリカ元大統領ドナルド・トランプと2度にわたってデスマッチを行ったことでも知られています。トランプは、オーストラリアのイベントを通して知った柏木に、自身が経営するニュージャージー州のトランプ・カジノ・プラザへの招待状を出し、柏木は25万ドル(当時約3700万円)をコンスタントに賭け、2日間で600万ドル(当時約9億円)をバカラで獲得し、自分のカジノをオープンするまでになりました。文字通りトランプは圧倒したわけです。 …..