オンラインカジノ利用者が急増!コロナ禍で成長したオンラインカジノ業界

オンラインカジノはその名の通り、ギャンブルの一種です。インターネットに接続できる環境であれば、パソコンやスマートフォンでどこでも店舗型カジノのようにゲームを楽しむことができます。日本で規制が撤廃されて以来、世界中で人気を博し、現地では大きな話題となっています。特にオンラインカジノの利用者は、コロナ禍が始まって以来、全世界で4000万人を超えると言われているくらいです。調査結果によると、日本では現在200万人の利用者がいるとのことで、2018年12月にあるオンラインカジノにアクセスした人は約65万人でしたが、2020年末にはその数が1カ月で5000万人近くにまで増えたといいます。

日本はいわゆる「ギャンブル大国」であり、世界第2位のギャンブル市場を持つと言われていますが、その中で競馬は約2兆4千億円を占めています。この市場規模は、カジノで有名な中国・マカオの年間売上高2.6兆円に匹敵する数字です。そして、最大のパチンコは19.4兆円で、これは日本では毎年1人当たり18万円の売り上げに相当し、オンラインカジノの利用者が増えているのも納得できます。

2016年には「カジノ法案」とも呼ばれる「統合型リゾート(IR)整備推進法案」が策定されました。長らく禁止していたカジノを廃止するということで、この発表は多くのメディアで注目されました。IR事業が始まり、リゾート施設が稼働すれば、カジノの壁は現状よりも低くなることは間違いないでしょう。

日本のギャンブルに該当するオンラインカジノが遊べる理由

オンラインカジノ利用者が急増!コロナ禍で成長したオンラインカジノ業界

オンラインカジノを合法的に運営するためには、運営会社が拠点とする国や地域の政府からライセンスを取得する必要があります。オンラインカジノでライセンスを取得することは、安全・安心の証明になるのです。つまり、ライセンスを取得せずに運営しているサイトは、国際的な適法性を欠いた運営をしている危ないサイトです。

実際にインターネット経由で何が起こっているのか、裏で操作されているのでは?という不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、現在、各社はとてつもなく厳しい審査を経なければライセンスを取得することができないようになっています。

例えば・・・

  • 十分な資金を適切に管理・保有しているか?
  • プレイヤーから預かった資金を適切に保管しているか?
  • 資金洗浄や犯罪に利用されないよう、ユーザーの身元確認が適切に行われているか?
  • 公平に結果が出る仕組みなのか?
  • ギャンブル依存症対策や個人情報の管理はどうなっているのか?

このような厳格な監視のもと、「オンラインカジノ」は健全なビジネスとして運営されているのです。

EMPIRE777 は、業界を代表するオンラインカジノのひとつとして、日本のユーザーのために、様々なプロモーションや独自のプロモーションを行っています。

ライセンス

キュラソーの監督機関によって、EMPIRE777 はビンゴ、賭けロト、カジノゲームを含むギャンブルを運営する許可が付与されています。電子ゲームはキュラソー経済の一部であり、同国の規制機関は最も古く、最も多目的な活動をしています。